荻窪駅前の婦人科 こみちレディースクリニック

診療案内

  • HOME »
  • 診療案内

ひとつではありません、あなたにあった治療法の選択を!

私たちは、患者様のお話を伺い、その方にあった治療法をご提案いたします。あなたにあった方法を選択し、一緒に治療していきましょう。

不正性器出血

私たち婦人科医が外来診療の中で最も遭遇する疾患です。考えられる原因は、

①腫瘍性 ②ホルモン性 ③妊娠性 ④その他(外傷、感染、薬剤など)

などがあります。

問診エコー検査ホルモン検査(採血)が診断に有用です。

月経困難症 月経前緊張症

避妊や体外受精の治療目的でピルを使うと、月経量が少なくなり月経開始に気が付かない程量が少なくなる人もいます。

これを月経の量や疼痛に苦しむ方に使用し多くの方々から喜びの声を聞きました。

また月経前の体調や精神状態が改善される方も多くいらっしゃいます。

しかしながら、内服治療に適さない方もいらっしゃいますので、すべての方に勧められるものでもありません。

漢方や鎮痛剤、マイナートランキライザーを必要とする場合もあります。

がん検診

子宮頸がんは胃がんと並んで、早期発見と(100%ではないですが)早期予防ができる癌(がん)です。

進行してしまうと、転移し易い側面がありますので、検診は必ず行った方が良いでしょう。

当院ではご希望される方には、子宮がんの原因となるパピローマウイルス(HPV)のうちハイリスク群の検査を自費で行なう事ができます。

不妊症

治療を行う上で最も難しいのが「どの手段を用いれば妊娠に至るのか?」という診断です。

検査をしてわかるもの、ステップアップしてわかるもの、何をしてもわからないもの様々です。当院ではタイミング療法人工授精までおこないます。

それ以上の高度生殖医療が必要と判断される方には、専門施設へのご紹介をさせていただきます。

更年期障害

時に診断が困難な症例も有りますが、基本的に女性ホルモンの減少が認められるかどうか採血を行い、ホルモン補充療法(HRT)や漢方、婦人科以外の治療が必要か判断いたします。

その他

なにかお体のことで気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5335-7575 東京都杉並区荻窪5-27-5 中島第二ビル5階
院 長:齋 藤 智 博

はじめての方はこちら「診療案内」

現在の待ち時間状況

 

問診票のダウンロード

下記のボタンより問診票がダウンロードできます。予めご記入した問診票をお持ち頂くと受付がスムーズです。

問診票


MedicalInterviewSheet_English

PAGETOP